gear2
 GEAR2
インディーズTシャツ(http://gear2t.info/) since 2010 copyrights (C) GEAR2 all rights reserved.→携帯の方はコチラ←
+HOME +GEAR2 +T-SHIRTS +STORE +BLOG +Twitter +LINK +MAIL
GEAR2 MOVIE MANIAC T-SHIRTS
"GEAR2 MOVIE MANIAC T-SHIRTS"
インディーズTシャツGEAR2(ギアーツー)の映画モチーフのムービーマニアックTシャツシリーズ!
これを着れば誰にでもコアな映画好きをアピール出来ます!そんなGEAR2の映画Tシャツを豆知識と動画と共にお楽しみ下さい。



モノリスTシャツ Solid
from 『2001年宇宙の旅』 by スタンリー・キューブリック (1968) "A SPACE ODYSSEY"

SF映画の金字塔、『2001年宇宙の旅』に登場する謎の物体、モノリスをモチーフにしたTシャツ。
モノリスは1:4:9の四角柱で光沢の無い黒色の物体です。
またモノリスは高度な文明をもった知的生命の道具であり、種の進化を促したり、滅亡させたりする機能をもっています。

人類の技術では傷ひとつ付けることもできないほど堅さで、破壊することは出来ないと言われています。
いわば、この世で一番ソリッドな物体なのです。

※このTシャツのモノリスは実際の設定上のモノリスと同様の4:9の比率になっています。



Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000022028_st



KINGKONG COMPANY
from 『タクシードライバー』 by マーティン・スコセッシ (1976) "TAXI DRIVER"

マーティンスコセッシ監督の映画『タクシードライバー』
その主人公で元軍人のトラヴィス・ビックル(ロバート・デ・ニーロ)が劇中で着用の
ミリタリージャケットの肩に付いていたパッチをモチーフにしています。
怪獣映画の元祖『キング・コング』の顔をコラージュしてリデザインしました。
※キングコング・カンパニー(KINGKONG COMPANY)とは...
劇中のトラヴィスが過去に所属していた架空の空挺部隊。

バックプリントは映画史に残る名シーンの台詞、「You Talking' Me?」
そしてトラヴィスが武器商人から購入した銃の一つ、 S&WのM29をプリントしました。



Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000018234_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/34606.html(バックプリントなし)



デスプルーフTシャツ
Do you wanna get hot?
from 『デス・プルーフ』 by クエンティン・タランティーノ (2007) "Death Proof"

タランティーノ監督による本格カーアクション映画『デス・プルーフ』にちなんで
日本の名車を耐死仕様にしました。
どこかアメリカ車の雰囲気を持ったケンメリのスカイラインとコンボイスカルが妙にマッチしてます。
"Do you wanna get hot?"はカーチェイスの最中、スタントマンマイク(カート・ラッセル)がゾーイ達に投げかける台詞です。


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000005734_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/18576.html



プレデターTシャツ
Digital
from 『プレデター』 by ジョン・マクティアナン (1987) "PREDATOR"

第一作にてダッチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)と死闘を演じたプレデターウォーリアーのガントレットに表示された、
プレデター種族のデジタル文字です。
バックプリントにはロゴと共に、特徴的な三点レーザーポインターを配置しました。
意味は分からないですが、シンプルなメッセージTシャツです。

※プレデターはシリーズ作品も結構あるので(1、2、AVP、AVP2、プレデターズ)、
プレデター自体も種類が多くあります。各々個性が際立ってて見てると面白い。
個人的には1のウォーリアーが一番シンプルでカッコイイです。
ロバート・ロドリゲス製作のプレデターズもオススメです!ぜひ1を観て予習してから観て下さい!


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000009810_st
Oh Yeah!→https://ohyeah.jp/p/20286.html(バックプリントなし)



ブリットTシャツ
CRAZY CHASE IN SAN FRANCISCO
from 『ブリット』 by ピーター・イェーツ (1968) "BULLITT"

スティーブ・マックイーン主演映画『ブリット』から映画史の歴史に残るサンフランシスコでのカーチェイスシーンをモチーフしました。
フロントは刑事ブリットの駆るマスタング390GT、バックはマスタングとダッジチャージャーのチェイスシーンをイメージ。
タランティーノのデス・プルーフにも引用の多いこの映画、やはり見どころはカーチェイスシーン。
スティーブ・マックイーンは元レーサーの腕前を惜しみなく発揮し、スタントマンなしに成立させています。
そしてエンジン音がとてつもなくカッコいい。ぜひ注意して見てみて下さい!
マスタング好きにもおすすめ!


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000010950_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/21502.html



KILL BILLTシャツ
ELLE DRIVER a.k.a CALIFORNIA MOUNTAIN SNAKE
from 『キル・ビルvol.1 vol.2』 by クエンティン・タランティーノ (2003/2004) "KILL BILL"

クエンティン・タランティーノ監督の映画『KILL BILL』シリーズに登場する中で最も純粋な悪人、
映画史に残る悪役、エル・ドライバー(ダリル・ハンナ)をモチーフにしました。
vol.2のイーグルマスクのファイヤーバード・トランザムに乗って登場するシーンをイメージ。
暗殺集団THE DiVASでのエルのコードネームはCALIFORNIA MOUNTAIN SNAKE。
1での登場は印象は強いものの少ないのですが、2ではザ・ブライドと死闘を繰り広げます。
エルのキャラクターを表したかのようなこの車、トランザムは『トランザム7000』や『ナイトライダー』などでも有名なアメリカンカーです。
最後のアメリカンマッスルカーとも言われています。


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000009490_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/19862.html





Travis bickle
from 『タクシードライバー』 by マーティン・スコセッシ (1976) "TAXI DRIVER"

アメリカンニューシネマ後期の傑作、マーティンスコセッシ監督の映画『タクシードライバー』
その主人公、トラヴィス・ビックル(ロバート・デ・ニーロ)が劇中で着用していたミリタリージャケットをTシャツで再現しました。
フロントは劇中のトラヴィスが所属していた架空の部隊
"KINGKONG COMPANY"パッチ(KINGKONG COMPANYパッチにはキングコングをコラージュ)
"空挺パラシュートパッチ"、"We Are the Peopleバッチ"を配置。
バックプリントは映画史に残る名シーンの台詞、「You Talking' Me?」
そしてトラヴィスが武器商人から購入した銃の一つ、 S&WのM29をプリントしました。



Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000018492_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/18618.html(バックプリントなし)



バニシングポイントモチーフTシャツ
LAST AMERICAN HERO
from 『バニシング・ポイント』 by リチャード・C・サラファイン (1971) "Vanishing Point"

アメリカンニューシネマの代表作品『バニシング・ポイント』のモチーフTシャツ。
映画の重要ファクターを盛り込んだアメカジTシャツです。
フロントには最後のアメリカの英雄、コワルスキの駆る70年式ダッジ・チャレンジャー。
ナンバーはOA-5599。カルフォルニア、日曜日の10時02分に何かが起こります。
バックにはKOWラジオの名DJ、スーパーソウルのコワルスキについて語るMCをプリントしました。
この映画の影響を受け、タランティーノは『デス・プルーフ』にバニシング・ポイント仕様のダッジ・チャレンジャーを登場させ、
イギリスのロックバンドPrimal Screamは『VANISHING POINT』というアルバムを発表し、シングルカットのKowalskiという曲はヒットを記録しました。


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000009635_st
Oh Yeah!→http://www.ohyeah.jp/p/20007.html(バックプリントなし)



レジェンドオブメキシコ
I'm with Stupid↓
from『レジェンド・オブ・メキシコ』 by ロバート・ロドリゲス (2003) "Once upon a time in Mexico"

「バカと一緒にいるよ!」指の指す先には…
ロバート・ロドリゲスによるマリアッチ三部作の第三作目『レジェンド・オブ・メキシコ』に登場する、
ジョニー・デップ演じる悪徳CIA捜査官"サンズ"が着用していたTシャツを再現。
海外で良くあるI'm with stupid Tシャツをロドリゲス流にさらにひねりを加えた自虐的ユーモアあふれるTシャツです。
劇中でのジョニー・デップはどこか変わったセンスで、
このI'm with stupidTシャツやC.I.A Tシャツなどの色々なTシャツを着こなしています。


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000009765_st
Oh Yeah!→http://www.ohyeah.jp/p/20215.html




joker's goon car
Joker'sMobile
from 『バットマン』 by ティム・バートン (1989) "BATMAN"

1989年のティム・バートン監督映画『バットマン』から、希代の悪役ジャック・ニコルソン扮するジョーカーをモチーフにしました。
フロントのプリントは劇中に登場するジョーカーのトレードマークカラーの紫×緑にペイントされたジョーカー一味のアメ車セダン(DODGE 3700GT)。
フロントとバックにはジョーカーの「笑顔でいこう!」「満月の夜に悪魔と踊ったことはあるかい?」の二つのキメ台詞を配しました。
バットマン映画のスタートとしてのこの映画、ダークな雰囲気と悪役であるジャック・ニコルソンの怪演が特に際立ちます。
ジョーカーあってのバットマンといった感じ。
Tシャツになったジョーカー一味のセダンとカーチェイスを演じる初代バットモービルもカッコイイ。
※DODGE 3700GTはスペインで生産されていたダッジのセダンです。

他では絶対に手に入らないGEAR2らしいジョーカーTシャツに仕上がりました。


Hoimi→http://hoimi.jp/product/0000012107_st
Oh Yeah!→
http://www.ohyeah.jp/p/22481.html